anko-shounanの日記

幻の1990年代生まれ。今は受験生という肩書きで生活してます。

スターバック沼

今週のお題「私の沼」ということで、私の沼についてお話します。

 

私は、コーヒーやエスプレッソが好きです。

 

ほぼ毎日スターバックスで、ラテを飲みます。

 

スターバックスは、1971年にシアトルで開業したコーヒーチェーン店だ。

 

今や、若い人から年寄りまで、幅広い人気を誇ります

 

その人気の理由としては

 

・サービス

・手軽にエスプレッソなどのドリンクを飲める

・話題性が高い

 

の3点が大きいだろう

 

 

・サービス

 

スターバックスの店員さんはとにかくフレンドリー

 

笑顔で接客し、話しかけてくれる。

また、コーヒ豆や商品を購入した時、梱包などの待ち時間に、小さいカップに

コーヒーを入れサービスをしてくれる点

 

またスターバックスに通いつめると、店員さんとの会話が広がり

そこに行くことで元気を貰える。

コーヒーの料金が高いと言われるが

店内の快適さなどを考えたら相当であるだろう。

このサービス心によって、リピーターや常連客を引き寄せているのだろう。

 

・手軽にエスプレッソなどのドリンクを飲める

 

家庭でエスプレッソで飲むとしたら、エスプレッソマシーンを買い

ダンピングを行い、とてつもない電力で抽出する。

とても手間がかかる。

 

スターバックスに行けば、全自動のエスプレッソマシーンが待っている。

 

ラテを注文すれば、エスプレッソとミルクが混ざった本物のラテを堪能できる。

フラペーチのも手軽に飲める。

 

ここ最近、コンビニでもカフェラテといっているが、あれはコーヒーとミルクを混ぜたものが多く、カフェラテではなく、カフェオレだ。

商品表示法に引っかからないのが不思議だ。

 

・話題性が高い

 

これは、女子高生は若い女性にとってスターバックスは、SNSの重要な材料になっている。

 

スターバックスの新作が発表されると、

若者は「OOちゃん!スタバの新作出たから一緒に行こう!」

といって友達と揃って飲みに行く。

 

そこで SNSに「OOちゃんとスタバなう 新作美味しい!」

といった宣伝をしてくれる。

若者は流行に乗れて喜び。

スターバックスは客がSNSにあげ広告をしてくれることで、喜ぶ。

 

スターバックスのCMを見たことがあるだろうか?

私は、ニュース以外ではない。

スターバックスは、

客があのスターバックスマークのついたカップを持ち歩くことで宣伝になる。

またSNSで拡散されることで話題性を呼んでいる。

 

スターバックスの営業理念には、驚く。

 

その理念に釣られている自分がいる、、、

沼にハマっている。